大規模修繕工事

大規模修繕工事

大規模修繕で建物の資産価値の維持を最大限にサポート

建物の資産価値を維持するために最も大切なのが大規模修繕です。建物や設備は、時間の経過とともに劣化していきます。建物の老朽化を遅らせて寿命を延命し、少しでも長く良好な状態に維持できるように細部に渡って現状調査を行い、長期的な視点にたって、最適な改修工事のご提案をさせていただきます。マンション・ホテル・病院等の全体の大規模修繕から部分的な改修まで、培われた経験を最大限に活かし皆様の大切な財産である建物の保護や美観維持、そして資産価値の向上をサポートしていきたいと考えております。

修繕工事の流れ


大規模修繕工事を実施する前に、まずは、建物の現状を正しく把握するために建物調査診断を行います。専門スタッフが、外見ではわからない損傷までを細かくチェックし、そのデータを基に仕様書を作成いたします。※ご希望に応じ、有料にてゴンドラ調査も可能です。

調査診断結果をもとに、必要な修繕部位・修繕内容をご提案させていただきます。修繕部位、内容に合わせて様々な工法の中から、最適な仕様・工法をご提案し、仕様書を作成いたします。

仕様書をもとに、お見積りを作成致します。建物の劣化状態とご予算とを見合わせながら、必要な工事をご相談・選択・決定していきます。

仕様書・お見積りをもとに、管理組合等でご検討していただき、最終的に総会で決定。お客様の同意のもと、保障内容も含めた工事契約を行います。

実際の工事では、住人の方の生活に影響することが多々あります。施工前に、工事説明会を実施し、工事日程及び施工内容、どの時期にどのような工事を行うか、住人の方にどのような影響が出るかなどご理解・ご協力いただけるように丁寧にご説明をさせていただきます。

工事期間中は、住人の方の日常生活にできるだけ支障をきたさないよう細心の注意を払います。工事進行上の安全管理にも万全を期し、安全第一を最優先に確実な施工をいたします。

お引渡し後も、定期的に当社スタッフが建物の点検を行うなど、充実したアフターサービス体制でお応えしています。

PAGE TOP
 Quenton Nelson Jersey